Zippo 四方山話 2

さて、前回は素材の違いまで書いたんですが、この素材も曲者で同じ素材でも時代によって若干異なります。
098 073
下はヴィンテージのノーマル、上は2003年のブラスですが、蓋の厚みの違いがはっきり分かると思います。
(ヴィンテージは重いんだろう)と思って計ってみました。

1968年コカコーラ・・・58g(インナー28g)
2003年ブラス  ・・・57g(インナー27g)

超意外な結果です。
という事はヴィンテージはボディーの下が薄いんでしょうか?

近年のZippoは火付きが悪いとか蝶番が弱いとか文句ばっかり言われています。
その最大の原因はこれです。
098 071
見難い写真ですいません。
ヤスリと下の出っ張りの隙間を見て下さい。
左は師匠がチューニングした2008年モデル、右が2005年ノーマルモデルです。
フリントを入れる処にあるバネの長さが同じなら、この隙間は狭い程火付きが良いです。
ただしヤスリが硬いです。
ヴィンテージは言うまでも無く狭いです。
私の手持ちに80年代が1個も無いので比較出来ませんが、何時からこの隙間が広くなったんでしょうか?

昔からのジッポーマニアに糞味噌言われる現行モデルですが、良い物が全く無い訳ではありません。
この写真は蓋しか写っていませんが、
098 072
下はヴィンテージ、上が2009年のスターリングシルバー(アーマー)です。
このアーマー、現行の1.5倍の重さがある事を売りにしています。
私のような音フェチは狂喜しました。

実際にケースの重さを量ると

ヴィンテージ・・・31g
シルバーA ・・・47gと約1.5倍の重さです。

ただシルバーは高いので最初はブラスが良いと思います。
後、ケースが重いので蝶番がヘタリ易いです。


昨日大佐殿に手入れについて説明して欲しいと言われましたので、軽く触れます。
火が付かなくなった事は無いので正確な事は分かりませんが、芯の部分がバラけていませんか?
それを綺麗に三編みにすると付き易くなりますが、それで駄目なら中綿を陰干しして詰め直す方法もあります。
ただこの際注意して欲しいのが綿はレーヨンですので、汚いからといって捨てないで下さい。
一般には入手困難です。
これでも付かない場合は芯を交換するしかないです。

私が普段手入れするのはケースの磨きとインナーのスス落としです。
これを使っています。
098 075
臭いも無く汚れ落ちも良いです。
綿棒を塗らしてタップリ付けます。
098 078
何も手入れしないとココ滅茶苦茶汚いです。
ここだけで綿棒はこうです。
098 079
先日磨いたにも係わらず、もう既にこれです。
次にこの部分・・・
098 076
内側を磨きます。
外側は磨くと傷付きますのでシルバー磨きで擦るのが無難だと思います。
ここもススで真っ黒です。

次にここ
098 077
ここは実際にはもっと小さな綿棒を使います。
この3箇所は火付きにも影響しますので、興味がある方は試してみて下さい。

そしてマニアックな場所
098 069
ここも実際はもっと小さな綿棒で掃除します。
意外と汚れています。

ケースの内側も磨いた事がありますが、インナーと擦れるのでジャリッっと嫌な音がします。
キズも消えませんので余り意味は無いと思います。

手入れについて書きましたが、簡単ですよね?
時間がかかるだけで誰にでも出来ます。
こうやって手をかけてあげると飽きにくいと思います。

余裕がある方は1個を使い倒すのではなく、2個で使い回した方が手入れもし易いと思います。

っとまぁ簡単に書いてみましたが、如何でしたか?
Zippo放置されている方、フリントくっ付いたら厄介ですよ。
長期間使わない場合は外しておいた方が無難ですよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちわ。私が使ってたのは、古いモノじゃないです。あたらしいモノなのにだめにしてしまうのです。火が付くヒモにガソリン直接かけるのが、いけないのかなぁ・・・。

デュポンは、いまだに好きで3つもってますが、音なりませんし、火もつきません。この分野才能なしです。

大佐殿
そりゃあ壊れますよw。
芯が燃え尽きていると思います。
普通に使いましょうよ。

こんばんは!
正直Zippoのことは知らない僕ですが。
蓋の厚みや、隙間や、内側の汚くなりっぷりやら…
実に楽しく読ませていただきました~

… すっごい黒くなるんですね^^;
恐るべし、スス!

愛ですね、愛。こういうこだわりは好きだー

なるほど・・・。やっぱりそれが原因でしたかw モノを大事にしないダメ人間なんです・・。

魚肉様
ありがとうございます!
Zippoは20個位持っていますが、何とか8個以内にしようと思っています。
収納ケースが8個しか入らないのでw。
いや、収納ケースを買い換えれば良いんだww。

大佐殿
Zippoにガソリンを普通に入れて使う話は聞いた事がありますが、芯に直接かけるのは駄目でしょうね。

デュポン勿体無いですね。
自分はデュポンは買えないのでZippoの音をチューニングして遊んでいます。
これをやりだすと個体差が見れて次々に試したくなります。
最近蓋を閉める時の音も偶然調整出来ましたw。
やめられませんw。

No title

こんにちは、
現行のZIPPO(90年代以降)は、ミガキ作業が雑になって均等な厚みになっていません。
特にリッドとボトムのかみ合う箇所は、薄くなっちゃっています。
プレス加工前の材料の厚みは同じだと思います。

現行では #205 と #207 は比較的均等な厚みになっています。

hiroyama様
コメントありがとうございます!
見比べると現行品の華奢さが分かりますね。
参加コンペ
近藤和久&小林誠MS限定コンペ【コンコバコン】 近藤和久&小林誠MS限定コンペ【コンコバコン2】 kyu5bunner4[1]
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

ピカギリ

Author:ピカギリ
模型製作記(たまに脱線)

来訪者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード