あ~あ゛~♪果てしない~♪

ハイこんばんは。
散々エポパテ盛りまくったのでw、お約束の修正です。
エポパテとプラの境目を溶きパテで厚塗りしていきます。
hg 004
この画像だと丁度ボールジョイントのライン上の胴体にエポパテの盛り跡が見えます。

hg 007
余り鮮明ではないですが、これは肘アーマーを丸く削っています。
でも奇跡的に整形が上手くいっていましたw。

hg 010
逆に酷いのがこの部分。
全体に溶きパテを盛って削った跡で段差発見。
ここも削らないと(目立ちますしねw)。

そうそう、TOMOさんが見たがっていた画像ですが・・・
hg 005
左上のポリキャップはみ出しているような・・・
これは駄目ですね。
気付いて良かった。
TOMOさんサンクス!

hg 008
エラのラインガタガタ。
表面は2回溶きパテを塗って削ってを繰り返しました。

溶きパテでは埒が明かない部分はプラリペアを盛りました。
hg 001
仕事が汚くてすいません。
こんな感じで盛っていこうとしたら、とうとうリキッドが空になりました。
ここからはいよいよ光パテです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。
溶きパテも切削性が良すぎて、難しいところもありますね。
光パテ、1回しか使っていませんが、スジ彫り堂さんのお勧めです。
アルテコぐらいの切削性、気泡もほぼなかったと思いますし
ヒケも無いとは言い切れませんが少なく、
スジ彫りもできました。

だけどプラリペアの強度も魅力的てすね。
瞬着に混ぜてニセテコ的裏打ちとかに使用できるといいですね。

tee-i様
こんばんは。

>溶きパテも切削性が良すぎて、難しいところもありますね。
そうそう、削れすぎちゃうんですよねw。

>光パテ、1回しか使っていませんが、スジ彫り堂さんのお勧めです。
これタミヤの光パテを買った後で知りました。
(何かスジボリ堂さんとはタイミングが合いませんw。)

>瞬着に混ぜてニセテコ的裏打ちとかに使用できるといいですね。
もう瞬着使うと削るのが大変なので、なるべく使いたくないですw。

めちゃくちゃギリギリってかOUTでしたねw
可動させたらポッキリとかちょっと心配です。
それとも固定しちゃうのでしょうか?

表面処理これはエライ大変そうですねぇ~
ここまでいじってしまうと
表面処理の最中にも修正とかありそうだし
堂々巡りになり兼ねなくて大変だと思いますが
ファイトです!

盛り削り、整形作業って大変ですよね。
お疲れ様です!
ピカさん見てると僕も逃げちゃだめだな~と
思いますよ。(・・;)
頑張ってください!!僕もがんばります。

TOMO様
>可動させたらポッキリとかちょっと心配です。
そんなに激しく動かす訳ではないので、可動は問題ないんですが、羽根のボールジョイントの抜き差しが出来ません。
また見映えも悪いので作り直しました。

>表面処理これはエライ大変そうですねぇ~
どこかで見切りを付けないと堂々巡りですね♪
締切と相談しながら進めます。

ガンプラ好きなお父さん 様
>僕も逃げちゃだめだな~と思いますよ。(・・;)
ガン父さんは逃げてはいないと思いますよ。
むしろ色んな事にチャレンジしていると思います。
エポで造型っていうのも焦らず少しずつ盛れば出来ると思います。
大丈夫、慌てる必要はないです。
お互い頑張りましょう!
参加コンペ
近藤和久&小林誠MS限定コンペ【コンコバコン】 近藤和久&小林誠MS限定コンペ【コンコバコン2】 kyu5bunner4[1]
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

Author:ピカギリ
模型製作記(たまに脱線)

来訪者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード