ゾゴック製作記vol.4

今日は凄い風ですね。
夜も吹き続けるとか。

さて、亀は90%出来ました。
今週中に仕上げたいです。

ゾゴックですが、何かの工程の途中で
気分転換したくなったんでしょうね。
こんな事をしていました。
zo35.jpg
RGザクのデカール貼りですw。
流石のプロポーションですが、スパイクアーマーは変ですね。

今、こんな事をしている余裕は無い筈なんですが、
余程現実逃避したかったんでしょう。

すったもんだの挙句、モノアイカバー出来ました。
zo36.jpg
トホホな出来ですが、ここで躓いている訳にはいきません(ヲイ)。

zo37.jpg
ぶっ壊れたマジスカ原型を修復して
モノアイレールを作りました。
4ミリ幅に切り出したスリットプラ板を貼り付けていきます。
このパーツとモノアイは直ぐに塗装しました。

最近工具をこんな感じに収納しています。
zo39.jpg
下はちょいさんのパクリw。
上は意外に使い易いです。

どうも自分は目の前に無いと駄目みたいですw。

マジスカが使い辛いので、以前使っていたエポパテ投入です。
zo38.jpg
これ凄いですよ。
何がって作業時間。
4分しかありませんww。
実際10分位で盛り付けが厳しくなります。

難点は匂い。
かなりイラッとくる匂いです。
が、今回は時短の為に泣く泣く導入。



これを使ったのがコチラ。
zo40.jpg
こんな微妙な箇所を4分は厳しいかとw。
2回に分けて作業です。
スポンサーサイト

ゾゴック製作記vol.3

最近暖かくなってきましたね♪
浮かれて出かけたい気分なんですが、
もっぱら不足物資の調達の日々…。

最近使って自分には合わなかったモノ紹介w。
zo34.jpg
箱が格好良くてつい購入w。

…非常にキメが粗いです。
おまけに脆い。
簡単に割れます。

芯に使うなら兎も角、細かい仕上げには向かないかな?

さてゾゴックですが、こんなの作っていました。
zo20.jpg
頭のカッターです。
2ミリプラ板を瞬着で点付けし…

zo21.jpg
ズッパリ。
パカッター様々です。
4ミリ厚の曲線切り出しは時間が掛かりますよね。

zo23.jpg
これを4回繰り返しました。
夫々サイズが違います。

zo25.jpg
こんな感じで合体予定です。
(カッターの根元は調整しますけどね。)

カッターの目処が付いたら急に気になり、
切り抜きました。
zo26.jpg
中央の合わせ目付近を5ミリ幅で切り抜きました。
Pカッターで行かずに、0.125ミリのタガネですww。

zo28.jpg
凸凹プラ板の細切りを貼り込み塗装しました。
ここは透明プラ板を貼り、モノアイのレールとします。

最近ずっと進まないのがこの作業。
zo008.jpg
この切り抜いた場所に透明のカバーを付けたいんです。
透明プラ板はこれだけ湾曲していると厳しいです。

そこで登場!
zo29.jpg
これ以前に購入してあった物なんですが、
とうとう日の目を見る事にw。

zo30.jpg

・・・おゆまる?
全然透明じゃないし!
使えな君決定!!

仕方が無いのでコレを購入。
zo32.jpg
ハンズで1,500円位でした。

zo31.jpg
こんな感じで粘土で受けを作って流しました。
どうなる事やらw。

ゾゴック製作記vol.2

亀はデカール貼り終わりました。
後は汚しですが、取り敢えず5月まで放置です。

ゾゴックですが、予想通り頭部で躓いています。
zo13.jpg
ブーメランユニットの基部を作りました。
ほぼ左右対称ですが、問題は大きさです。
気持ち大きい気がしますが、この構造を小さく作り直すのは
正直気が進みません。

zo14.jpg
気分転換に膝アーマーを作りました。
ep.4版はこの部分何も無いんですが、
近藤版は膝アーマーがあるんです。
(気持ち大きいですがw。)

横から
zo15.jpg
本体が汚いですが、黒サフを吹いた後で
表面の荒れを見付けたので修正しました。
どれだけ削ったか分かると思います。

zo16.jpg
こんな物も切り出しました。
zo17.jpg
ぼやけた棒は0.5ミリ真鍮線です。
このプラ板、16枚必要なんですけどw。

zo18.jpg
2枚一組を2ミリプラ棒で繋ぎ、中は0.6ミリで貫通しています。
これがブーメランの基部ユニットの中身です。
(可動しますww。)

リンク紹介

先日のオフ会でお会いしたkobarutoさんとリンクさせて頂きました♪
『GUNPLA Ver.kobaruto
現在ガン王に向けデルタカイを鋭意製作中です。
kobarutoさん、これからも宜しくお願いします。

さて、今回は亀です。
亀製作のUPは今回で終了なんですが、
塗装風景なんてねぇ…。

km77.jpg
エヴォ黒にガイアのスターブライトアイアンを吹いた状態です。
明らかにパーツが多いですが、気にしないw。

km78.jpg
艶消しを吹いた後、タミヤアクリルのジャーマングレーを吹きました。
乾燥後にケープを吹いてあります。

ケープ乾燥後にこれを試しました。
km79.jpg
クラックルメディウムです。

これをこんな感じで細かく塗っていきます。
(底部分の色が変わっている箇所です。)
km80.jpg
メディウムが乾いたら基本塗装開始です。
今回はアクリル仕上げです。
km81.jpg
グレー部分と一箇所しかない頭部の茶色を塗装します。
本当は本体色も吹きたかったんですが、
脛部にマスキングありました。
(塗ってから気が付きましたw。)

クラックルメディウムの効果。
km82.jpg
裾の部分に塗装割れが見えますか?
もう一枚
km83.jpg
これ、コントロールが難しいです。
全面に塗りたくなりますww。

プチオフ会

先日の日曜日、夜勤明けでフラフラしながら
手稲の模型屋さんに行ってきました。
MATIOさんのジェスタキャノンが生で拝めるって事で、
ワクワクしながら店に到着。

しばし店内を物色していると続々と人が集まって来ます。
kobarutoさんが一番乗りです。
イケメンでした。
デルタカイ、格好良かった♪

スクラッチケーニヒモンスターの製作者の方にも会えました♪
今度は1/100シャンブロだそうでww。
今一番欲しい物が1.2ミリプラ板という答えに笑ってしまいました。

そしてMATIOさん登場!!
爽やかなナイスガイでした。

名刺にビックリ!!
ひれ伏したくなりましたww。

そしてジェスタキャノン登場!

…もう凄すぎて何も言えません。
まず絶妙なカラーリング。
非常に清潔感のある塗装です。
グラデーションが細かく効いています。

全身に施されたディティールアップ&スジボリ。
スクラッチパーツも自然で馴染んでいます。

まさぼんさんが
『何時まで見ても飽きないよね。』
と仰っていましたが禿胴です。

まさぼんさんのウマッガイはシュールな感じでした。
ドラッツェと作風が余りに異なるので正直困惑しましたw。

そして遠巻きにコチラを覗く好青年。
すかさずMATIOさんが声を掛けました。
この二人が初対面は意外な感じがしました。

うに君登場!

彼の作品は超絶技ですね。
小さ過ぎてディティール見えませんw。
ピンヒールのMH体型で自立するってどんだけ
バランスが良いんでしょうw!

もっと驚いたのがデッサンです。
上手すぎるw。

本人は
『落書きです。』
と謙遜されていましたが、
これ、講義の最中に描いているそうですw。

更にデッサンを観ながらプラ板工作に入るんですが大胆!!
1ミリプラ板をデザインナイフでぶった切るんですw。
本人は
『こうすると切り口が綺麗なんです♪』
と言っていましたが、何か違う気がするw。

そんなこんなで楽しいオフ会は終了しました。
(というか体力の限界で先に帰ったんですが。)

皆さん、楽しい時間をありがとうございました!

さて、亀工作ですが塗装に入りました。
スターブライトアイアンを吹き付けたんですが、
黒サフの上からだと黒に銀混じりって感じです。
(まぁ下地なので良いんですが。)

塗装に入ると暇になるので新しい工作をw。

zo001.jpg
ズゴックの脚パーツです。
ガツガツ削りました。
zo002.jpg

足首も同様に削りました。
zo003.jpg
zo004.jpg

頭はコチラ。
zo005.jpg
ハイゴックに迷い線の嵐ww。
zo008.jpg
強引に切り抜き。

腹部もハイゴック。
zo006.jpg
中央部を切り抜きます。
zo007.jpg
スリットプラ板を前後に貼りました。

zo010.jpg
現在こんな感じです。

近藤版ゾゴックを作ろうと思っています。
(ゾゴックのパーツ、一個も使わないかもw。)


亀製作記vol.9

もう4月だというのに札幌は吹雪です…。
最近大量に退職者が発生し、シフトを変えられました。
体調が宜しくありません。

が、プラモを触ると直るのはどういう事w?

いい加減サフ吹きたいんですが、工作忘れが多々あります。

その1
km67.jpg

メインスコープです。
下2つは丁度良いバーニアがあったんですが、
ココはキットのパーツの内側を削り、
中に小さいバーニアを埋めました。

その2
km70.jpg

手首の装甲です。
薄くしたまま放置していたので
装甲裏と表のスジボリやリベット処理をしました。
ついでにアームパンチ用の溝もスジボリしました。

その3
km71.jpg

リアアーマーを真鍮線で可動にしました。
(逆に言えばココ以外装甲は全部可動です!!
 タコなんて殆ど動かないのに…。)

その4
km69.jpg

足首の形状がどうにも気になったので我慢出来ずに切除。
写真はありませんが、プラ板で修正しています。

仮組♪
km72.jpg
km74.jpg
腕が付いていないのは外すのが困難だからですw。
腹部にギアが見えますが、これはbuddさんへのオマージュです。
お、足首修正されている♪

写真撮影後にコクピットハッチの擦り合わせを行いました。



吹雪の中、サフ吹き突入(って室内だしw。)!
km76.jpg
エヴォ黒です。
 
参加コンペ
近藤和久&小林誠MS限定コンペ【コンコバコン】 近藤和久&小林誠MS限定コンペ【コンコバコン2】 kyu5bunner4[1]
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

ピカギリ

Author:ピカギリ
模型製作記(たまに脱線)

来訪者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード