亀製作記vol.8

おはようございます!

珍しく兄さんに褒められて
テンションUPのピカですw。

ガン王のエントリー始まっているんですね。
亀の塗装の合間に手を付けようかな?
(また間に合わない気がしますが…。)

さて、亀ですが楽しいリベット打ちを開始しました。
km60.jpg
ココにリベットを打ちたい為に
段差を付けたというww。

下穴を開けた状態です。

本当は貫通させちゃダメなんですが、
もう肉薄で千枚通しで貫通しちゃうんですw。

km61.jpg
ピンボケスマソ。
下穴が貫通しているので
幾つかのリベットがダイブ!
流し込みで何とか支えていたり
リベットを二個入れた箇所もあります。

km62.jpg
こちらは楽勝♪
貫通する事無く収まってくれました。
爪先よりも大きいリベットです。

km63.jpg
そんなこんなでココまで進みました。
手の甲は未着手です(忘れていたw)。

km64.jpg
頭部ですが、1.5ミリ幅のプラ板を貼って
0.5ミリから慎重に穴を拡張します。
(一気に大きいサイズで掘ると直ぐに割れますよ~)

km65.jpg
HIQパーツの0.7ミリスチールボールです。
市販のリベットは1.0ミリが最小サイズです。
仕方なく使いました。
(勿体無い…)

後はカメラとコクピットの小窓の処理ですね。
中々サフが吹けませんw。
スポンサーサイト

亀製作記vol.7

皆さん、ビッグニュースです!
祝!ちょいさんライターデビュー!!
本当に嬉しいです♪

これから締切に追われる事になると思いますが、
頑張って下さい!!

応援しています!!

日曜日に『模型屋』に行って来ました。
コマッピ店長のダーナオシーを拝見しました。
あれだけの作品を10日で仕上げるって
どんな集中力でしょうw?

札幌にお住まいの皆様、
模型屋にGo!
さて、製作の方ですが劇的な変化が起こる訳でもなく、
地味な工作を続けておりますw。

先ずは装甲裏。
km48.jpg
マスキングテープを隙間無く貼り、油性ペンで縁取りします。

km49.jpg
マスキングテープを剥がし、0.5ミリプラ板に貼ります。

km50.jpg
こんな感じで全装甲裏を切り出します。
ついでなので0.14ミリプラ板も切り出し、
切った貼ったした装甲の補強としました。

km52.jpg
脹脛の装甲ですが、こんなに厚みがありますw。
一応ここまで厚みを減らしましたが、
更に薄くします。

km53.jpg
この装甲は厚みのみ工作するので裏打ちはしません。
ピン跡のみシアノンで埋めて削りました。

km54.jpg
3.2ミリ幅のプラ板を何時もは貼り付けますが、
この装甲は厚みがあるので縦に貼りました。

km55.jpg
粗い画像で申し訳ないです。
3ミリ角棒をアクセントに埋めました。

そんなこんなでこんな感じです。
km51.jpg

続いてスジボリ~♪
km56.jpg
白いラインが見えますが、全て失敗ラインで瞬着で埋めています。
(瞬着硬いッスね!)
中央に貼ってあるのはハイテクマスキングテープです。
(この両側を彫りますw。)

硬いガイドテープも持っていますが、
コチラの方が使い易いです。

で、こんな仕上がり。
km57.jpg
この部分は目立つので気になっていたんですよね。
彫り直してスッキリしましたw。

後はスジボリとリベットですね。
頑張りま~す!

リンク紹介&亀製作記vol.6

祝!まんだらけ新装オープン♪
(初日の売上1,800万とか!?)

店が広くなったのは嬉しいんですが、全部見るのは大変ですw。
収穫はありましたが支払いどうしよう…。


話は変わって新しいリンク先の紹介です。

『くろたけの頭の中』

世代が近いせいか、旧キットのラインナップが
自分と似ている気がしますw。
またツール紹介はとても参考になります。
くろたけさん、今後とも宜しくお願い致します。m(_ _)m


さて、ノリノリだったABですが、
そろそろ亀の基本工作を仕上げないと
後で泣きを見ますw。

km43.jpg
サイドアーマー、結局上下幅を詰めました。
何だか気になり出すとスルー出来ませんねw。

今回製作が難航した部分。
km44.jpg

omega11さんも仰っていましたが、
塗って組むのって面倒ですよねw?

km45.jpg
この両サイドの小窓から見えるから仕方なく塗ったんですが、
殆ど見えないww。
(ハッチは端から開ける気無いです。)

km47.jpg
気になるパーツに溶きパテを塗って表面処理。
(全体に白っぽいですがシアノンではありませんw。)

km46.jpg
手の甲のアーマーですが妙に厚いです。
ここまで削りましたが更に削ります。

後は脹脛の装甲の厚み取りと各装甲裏のトラス作成、
スジボリとリベット打ちで基本工作終了です。

ビランビー製作記vol.2

さて、何時もの自分なら足から作るんですが、
今回は強敵ABです。
頭部を含めた上半身から攻めます。

br5.jpg
早速ですが、5ミリ程中央で詰めました。
下のパーツの左側を見れば一目瞭然ですねw。

br6.jpg
前側のパーツも中央で切断。
幅詰めして後側のパーツに接着します。

コクピットブロックはシートの左右二箇所で切断、
幅詰めしてから再接着です。

br7.jpg
この写真だと分かり易いですが、
腹部背面パーツは使わず、コクピットブロックに
直接盛ります。

br8.jpg
頭部ですが、後頭部のエラが無いので
ヒートペンでランナーを溶かして造詣。
鼻も若干伸ばしています。

br9.jpg
こんなバランスになります。

ヒートペンで盛るとヤスリ大会になりますw。
br10.jpg
鉄ヤスリよりも240番の方が粗いですw。
たまに表面に流し込み接着剤を垂らして
滑らかにしながら作業しました。

br12.jpg
前載の写真より更に盛って整形しています。

br11.jpg
鼻、一寸長いかな?
まぁ長い分には削れば良いんですw。
盛る方が大変です。

br13.jpg
肩口少し削りました。
バランスは良さ気ですね。

br14.jpg
首の接続位置さえ間違わなければ良い感じw♪

肩パーツですが、妙に薄く感じたので
3.2ミリ幅のプラ板で楔を作り、下側を広げました。
br21.jpg

内部に仮の関節を仕込みます。
正直PCは要らないですが、関節技の
上手い固定法が浮かびませんでした。
腕部にどう接続するか考え中。
br19.jpg

0.5ミリプラ板を切り出し、胸部に接着。
3ミリまで穴を拡張します。
br17.jpg

現在のバランス(あ、頭忘れたww。)。
最初はゲルググのパーツを使おうかと思ったんですが、
何とかなったみたいですw。
br20.jpg

ABも楽しいですね♪

今年はこんな感じかな?

こんばんは。
SVX.さんがダンバインを工作しているのを観て、
(そういえば最近作っていないなぁ)と思い、
ラックをゴソゴソ。

ニュルニュルニッパーの切れ味も試したくて仮組♪
br1.jpg
br2.jpg
『又かい!!』
とか言わない。

だってコレ、モノが違いますから~!!
br3.jpg
1/48です。

因みに以前の完成品は…
br4.jpg
修復しようとして放置していました。
マグネットは厳しい事を嫌というほど思い知らされたのでw、
取り敢えず関節技は仕込みますが、
最悪の場合は固定で行きます。

1/72よりはプロポーションがマシです。
極力キットを活かしたいですが、どうなる事やら…。

亀製作記vol.5

コンコバコン2、結果発表!!

応援して頂いた皆様、ありがとうございました!
兎に角ハイレベルな作品群で終始圧倒されていました。
purejamさん、運営お疲れ様でした!
第3回、エントリーしますww。

そんな中、m0717 さんが『コンドスキー賞』を受賞!!
おめでとうございます!!

またコンコバコン賞はざく太郎さんが受賞!!
氏は酒餅2も最優秀賞でしたね。
おめでとうございます!!

入賞された方々の作品を拝見して思う事は
兎に角思い入れと愛をヒシヒシと感じる事です。
自分には足りません。
(技術もねw。)

さて、亀ですが、フロントアーマー我慢出来ずにやっちゃいましたw。
km37.jpg
キットは大きな台形ですが、イメージ的には長方形に近い台形です。
両翼を切り離し、角度を修正してシアノンで接着。
切断する際、ポケットは予め切り離しておきます。

km38.jpg
当然リアアーマーも同じ様に修正しました。
左下のシアノン跡、妙に白いですよね?
最近瓶入りの硬化促進剤を使い始めたんですが、
妙に白化します。
オマケにシアノン欠けるし。

皆さんどうやって使っているのでしょう?


スワンピーグラックと同様にこの段階で一度整形します。
この場合は後でまとめて整形しても良いんですが、
つい癖でw。

km39.jpg
今度は縦の幅詰めです。
面倒なモールドを避けて2箇所で詰めました。
その際フロントアーマーのポケット上部のモールド
に沿ってカットしました。
これでモールド修正が楽になりますw。

今回手間が掛かるのがコクピット。
作り込む訳ではないのですが、横の小窓から見えるんです。
仕方なく製作w。
km40.jpg
下塗りです。
シナイグレー1とレッドブラウンです。
ついでに頭も塗ってみました。

表面処理甘ッ!!

右下のオッサンは胸部のみ陸亀のフィギュアを複製。
腕や脚はイプシロンですw。

亀製作記vol.4

新しくリンクをさせて頂きました。
SVX.さんの
『それはそれ』
です。
現在旧キットのダンバインを鋭意製作されています。
これからも宜しくお願いします。

さて亀ですが、予告通り腕の工作です。
km24.jpg
白トビして見辛いですが、肩パーツです。
左上の軸受けやダボを削ります。

km25.jpg
プラサポでPC受けを接着し、熱で曲げたBJオスを差し込みます。
下側には3ミリプラ棒を差し込むので、補強の為に1ミリプラ板を貼っておきます。

km26.jpg
上腕上部にプラサポとPCを仕込みます。
既に真っ二つになっていますw。

km27.jpg
上腕の下半分にシアノンを充填しておきます。
ここは削って3ミリプラ棒を通します。

km28.jpg
左側がPC等を仕込んだ腕です。
右は肩のみ仕込が終わったモノです。
上腕は2ミリ弱詰めています。
肩ブロック外側の丸いモールドは
ウェーブの物に置き換えました。

km29.jpg
右手は80’sのハンドパーツをキャスト複製した物です。

この手のパーツって値段が高いので、
複製するか購入するか迷いますねw。

km30.jpg
コクピット底面に5ミリPCとプラサポを接着します。
かなり厚みを落としましたが、コクピットパーツが入りません。

km31.jpg
プラサポと干渉する底面をくり抜きましたw。
残った底面にエポキシ接着剤でメッシュを貼りました。

km34.jpg
意外と違和感無いでしょw?


参加コンペ
近藤和久&小林誠MS限定コンペ【コンコバコン】 近藤和久&小林誠MS限定コンペ【コンコバコン2】 kyu5bunner4[1]
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

ピカギリ

Author:ピカギリ
模型製作記(たまに脱線)

来訪者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード