たまバル製作記vol.3

もう尻に火が付きましたw。
来週の日曜締切です!!

コクピットは時間の関係で泣く泣く諦めました。
代わりにコチラを。
ba11.jpg
腕のパーツです。
ここから手首がニューっと出てきます。
が、ノッペラボウ。

ba12.jpg
くり抜きました。
下手な塗装が見えますが、気にしないw。

ba13.jpg
例のプラ板を貼りました。
裏からポン付けでは深すぎるので、真面目にジャストサイズですw。

何となく下地代わりに濃いグレーを吹きました。
ba14.jpg
これだけバラして吹くんなら裏地は事前に塗らなくても良かったかも。
初物は手順も良く分かりませんねw。
スポンサーサイト

ベルゼルガ製作記vol.4

触り出すと止まらなくなるのがボトムズシリーズの良い処♪
たまひもコツコツ作業していますが、UPする程でもないんです。
(ベルゼルガだってそんなに進んでいませんがw。)

前回股関節と太腿を仕込んだので、いよいよ脛に手を付けます。
正直この部分は絶対短く感じていました。
延長は良いとして問題は方法です。
タコの脛の様な面構成なら何処で延長しても特に問題ありませんが、
ベルゼルガの脛って複雑な面構成をしています。
自分が思い付いたのがこの方法。

be29.jpg
一番単純で裾の部分に1ミリプラ板の2ミリ短冊を貼っていきました。
かなり裾が広くなりますが、足首大きいし丁度良いやw。
ただこの短冊はシアノンのお世話になりました。
短冊全てを均一に貼るのは難しいですね。

そんなこんなで現状。
be30.jpg
あ、膝アーマー切ったままだw。

be31.jpg
頭がハッチにめり込んでいますねw。

ベルゼルガの印象って人それぞれだと思いますが、
自分は一寸太めで頑丈そうなイメージです。
そういう意味では良い感じかと思います。

以前作ったタコとの記念撮影。
be32.jpg
一寸大きいかなw?
それはそうと、このタコ見ると楽しかった思い出が蘇ります。
(工作はかなり大変ですがww。)
それと同時に新たな改修箇所も見つかります。
何時かタコも新たに作りたいです。

ベルゼルガ製作記vol.3

今更ながらたまひと酒餅同時進行は厳しいですねw。
参加したいコンペって不思議と時期が被ります。

酒餅は呑みながら製作するので、たまひよりも工作は速かったりしますw。
が、うっかりミスを結構やります。

be21.jpg
これは上腕のパーツです。
エポパテを詰めるのは良いんですが、
本当は上半分に詰めなきゃいけないんです。
このままの状態で硬化したエポパテを取り除くのは至難の業です。
be22.jpg
どうせ幅詰めするので気持ち肩寄りでカット!

be23.jpg
で肘側のパーツにシアノン充填。

be24.jpg
肩側のパーツはプラサポで3ミリポリCを囲み、シアノンで固定させます。

be25.jpg
肘側のパーツは削り込み3ミリプラ棒を差しました。

be26.jpg
肩パーツ内にプラサポとポリCで受けを作り
ボールJを曲げた物を差し込みます。
これライターで炙って曲げたんですが、3、4本ダメにしました。

be20.jpg
胴体は中央部をひたすらヤスリましたw。

be13.jpg
頭は取り敢えず頭頂部をエポパテで伸ばしました。

be19.jpg
コクピットハッチのディティールは
表面処理の際に消えたのでwプラ板を貼りました。
後程リベットも打ち込みます。

be28.jpg
現状はこんな感じです。
腕はまだ全部出来ていないので付けていません。
上半身はもう少し幅詰めしても良いかも。

たまバル製作記vol.2

果てしないスジボリ作業に嫌気が差してきている今日この頃ですw。
気分転換にこんな所を工作しました。

ba7.jpg
主翼にペンで書き込んである部分を切り裂きます。
と言っても小さいので鉄ヤスリで削りました。
ba8.jpg
本来ならこの部分、透明ランナーや透明プラ板で埋めますが、
今回試してみたのがコレ。

ba9.jpg
読んで字の如くですw。
これを爪楊枝に付けて少しずつ硬化させます。

ba10.jpg
簡単に出来ましたが、この接着剤は粘性があり、オマケに接着力は弱いですw。
表面処理の際、二度剥がれてしまいましたw。
ついでに尾翼も工作しましたが、ここでふと疑問。
(マスキングテープに持っていかれそう…)
やっぱり透明プラ板の方が良いかな?

あとコクピットに手を入れるか迷っています。
正直気が乗らないです。

次回はベルゼルガを工作します♪

たまバル製作記vol.1

前回の予告通り今回はたまひです。
3~4機在庫はありますが、製作は初めてですw。

今回は発売と同時に購入したバルキリーを作ります。
本当はP-38が良いんですが、再販かかりませんねw。

早速キットを開封♪
ba1.jpg

ん?

ba3.jpg
視力が落ちたかな?
あるべきスジボリが見えないぞ?

ba2.jpg
動揺を抑えようとパーツの裏をミディアムブルーで塗ってみました。
が、錯乱しているようにしか見えませんw。

ba4.jpg
待っていても始まりませんので、ハイテクマスキングテープを貼り、
タガネを軽~く引いていきます。

因みにこのマスキングテープは塩ビ製です。

ba5.jpg
一通り引き終わりましたが、どうもメリハリに欠けます。
細いスジボリは0.15ミリ、太いスジボリは0.3ミリで彫りたかったんですが、
行きつけの店三件共売り切れww。
仕方がないので0.2ミリで彫りました。
(本当は最初から0.3ミリで彫った方が綺麗に仕上がります。
 良い子は真似しないでね♪)

一応ヘルメットも彫ったんですが、イマイチ…。

そうそう、作業は進みませんが大収穫!!

ba6.jpg
これず~っと探していたんですよ♪
自分が店に行く一寸前にリガードの偵察型が売れたそうです。
残念!!

ベルゼルガ製作記vol.2

先程確認したんですが、たまひコンパの締切10/2(日)でした。
つまり一ヶ月弱しかないんですね。
完全に勘違いです。
次回はたまひの製作記になるはずです。

さて、ベルゼルガですが、工作はしているんですが遅いです。
今更ですが、結構ヒケが多いです。

be11.jpg
太腿を合体しました。
表面が異常に荒れていますが、これは面構成を変更している途中です。

be12.jpg
正面から見ると分かり易いと思います。
股関節側を台形に削り込みました。

be15.jpg
表面処理もほぼ終わり、膝関節受け用のプラ棒を埋め込みました。

be14.jpg
キットでは腰は胴体と一体化しているので、一旦切り離し
プラ板を貼ってプラ棒を埋めました。
股関節用にプラパイプを埋め込みました。

be16.jpg
プラパイプの上に丸く切り出したプラ板を貼りました。
まだディティールを入れていません。
イメージは補強板です。

be17.jpg
合体♪
BJ隠しにバーニアを削った物を被せました。
参加コンペ
近藤和久&小林誠MS限定コンペ【コンコバコン】 近藤和久&小林誠MS限定コンペ【コンコバコン2】 kyu5bunner4[1]
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

Author:ピカギリ
模型製作記(たまに脱線)

来訪者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード