ベルゼルガ製作記vol.1

ハンブラビはまだ全体像が仕上がっておらず、
オラザクエントリーは断念しました。

応援して頂いた皆様、申し訳ございません!
このまま箱にそっとしまいます。
(これ久し振りですw。)
落ち着いたら工作再開します。

気を取り直して現在エントリーしている二作品を同時進行で
工作していこうと思っています。

旧キットの宿命、関節技を埋め込みつつ後ハメ加工を施します。

最初はコチラ。
be5.jpg
足首の関節パーツが収まる部分をカットします。

be4.jpg
関節技を上げ底する為に5ミリプラパイプをかませます。
これを足首パーツの底にシアノンで固定し、
周りの部分をエポパテで埋めます。
関節技にプラサポのBJが刺さっていますが、この状態で
エポパテを詰めないと、後でBJが嵌らなくなりますw。

be1.jpg
エポパテが固まったら全面をヤスリ掛けします。
ある程度面仕上がったらスジボリをしておきます。

be2.jpg
上側のラインがスジボリ後です。
HMEでpoohさんに教えてもらった事を実践しました。
以前よりも格段に良くなったと思います。
感謝感謝です♪

be3.jpg
爪先部分の面構成が不明瞭だったので、プラ板でハッキリ段差を付けました。

be6.jpg
腿と脛ですが、間接がほぼ死んでいてキットのままだとMAXで左ですww。
一寸削ったら右になりましたが、まだ折れ角足りません。

この可動幅を考える前に手が動いていましたw。
be9.jpg
腿をカットしちゃいました♪

延長を考えていたのでカットは良いんですが、
どうも形が格好悪いのでエポパテを詰めます。
be10.jpg
写真はパテ詰める直前ですねw。
股関節受け用の関節技を仕込んでいます。
受け穴はリーマーで気持ち後側に広げました。
スポンサーサイト

ハンブラビ製作記 vol.13

HME熱も冷めぬままチマチマと工作しておりました。

あ、エクセルホビーさんに拙作SR-3を展示しております。
宜しければご覧下さいませ♪

さて前回細かった上腕に編み棒6ミリを被せました。
h78.jpg
やっぱりこれ位太い方がしっくりきますね。
ただ6ミリ編み棒の内径は5ミリもないので
ドリルでチマチマ拡張しました。

腕輪の穴にボルトを入れました。
キットはただ穴が開いているだけです。
この作業、地味に手こずります。
ボルトがピンセットから飛ぶx2w。

h82.jpg
膝関節なんですが、変形時にPC丸出しになってしまいます。
格好悪いのでプラサポでカバーを作りました。
h83.jpg

お次は見て見ぬ振りをしていたココ。
h80.jpg
脛のパーツです。
ノズルをポン付けした様に見えますが、かなり削り込みました。

受けは至ってシンプル。
h81.jpg
真鍮線をアルテコで固定しただけですw。
位置決めだけは慎重に。

h84.jpg
こんな感じになります。

PC隠しついでにコチラも。
h79.jpg
手首の軸受けが関節技むき出しだったので、プラサポでカバー。
これ、手首パーツの軸が短いのでプラサポ本体を相当削りました。

お次は羽根とランドセルです。
h86.jpg
表面処理の際に邪魔なので、中央のモールドは削りました。
羽根部分を後ハメ出来る様に削り込みました。

h85.jpg
現在こんな状態です。
尾の部分、接続を間違えて畳めなくなっていました。
慌ててバラして再接着&ヤスリ大会w。
ビーム砲に真鍮パーツを奢ってしまいました。
店の人に
『2つで良いんですね?』
と念押しされましたw。

HME行ってきました♪

毎年恒例HMEに行ってきました。
今年は土曜が仕事で日曜日のみの観覧となりました。

到着するなり講習会が催されておりました。
(写真撮り忘れました!すいません。)
エポパテでフィギュアの頭部を作っていました。
早く会場が見たくて途中で退散。

今年は出展者が多く、来場者も沢山居て具合が悪くなりました。
人酔いしたみたいです。
なので写真の撮り忘れが多いです。

005.jpg
出た!!
前回の作品も素晴らしかったですが、こちらも素晴らしい!!
004.jpg
007.jpg

こちらが前回の作品
009.jpg
011.jpg
全てスクラッチだそうです!?
凄い精神力だと思います。

お次はコチラの作品
014.jpg
EX-Sガンダムですね。
エラク格好良いので写真撮っちゃいました♪

027.jpg
おとしぶたさんのディオラマです。
個人的には去年の作品よりもこちらの作品の方が好きです♪
032.jpg
033.jpg

今回一番驚いたのがこの作品群
016.jpg
一つ一つがゲームの駒なんだそうです。
018.jpg
これは大きな作品ですが…

019.jpg
…体長2センチ位でしょうか。
それが全て塗り分けされています。
驚いていたらブースの人が満面の笑みでパンフをくれましたw。

055.jpg
そっくりでツボですww。

今年もムサイがありましたが、自分が気に入ったのがこの作品
058.jpg
上品に汚してありました。

この卓の奥に兄さんの作品が!
残念ながら写真掲載できませんが、見所が多過ぎて疲れますw。
思わず過呼吸になりそうでしたw。

凄い作品を直に拝見出来ました。
が、ご本人には会えませんでした。
残念!

063.jpg
064.jpg
物凄く贅沢展示!!
1/72アーマードバルキリーの比較展示です。
(仮組下さいw。)

何とここで電池切れ!!
ヤバイ!
アシカイクルの写真撮ってない!!
申し訳ないですが写真はココまでです。
この後poohさんのスジ彫り講座を受け、目から鱗がボロボロ落ちました。
やっぱプロって凄いですね。

参加された皆様、お疲れ様でした!

ハンブラビ製作記vol.12

最近大スランプのピカです。
何だか手が動かない…。

(これではイカン!)と心機一転、
積みを整理しましたw。
(って工作しなさいよw。)
直積みして箱が潰れるの嫌なんですよね~。

h77.jpg
幅120センチ、高さ150センチのスチールラックを購入。
通常なら徒歩で10分位の距離ですが、1時間弱掛かりましたww。
重過ぎ。

で、ラックを組んで山積みのプをどけてスペース確保です。
下側に大きなプ、上に小さな物を積みます。
まぁ出るわ出るわw。
既に満杯w。

さて、ハンブラビですが、こんな物をこさえました。
h73.jpg
プラサポとPC,プラパイプの集合体です。
下側は小さなプラサポにプラパイプを被せる方法を使いました。
可動域の溝にはコマ切れのプラ板を貼ってから
シアノンを盛って削りました。
h74.jpg
穴の部分は面取りビットで削ってあります。
完成したら大した事はないんですが、
この構造を考えるのにやたら時間が掛かりました。

h75.jpg
こちらは至ってシンプルにPCを組み込んだだけです。

合体!
h76.jpg
そうそう、頭部とモノアイ部分にエポパテ盛って整形しました。

やっぱり腕のパイプ部分が細いですね。
100均行ってきま~す。

ハンブラビ製作記vol.11

気が付くと8月になってしまいました。
当初の予定では、7月中に工作が終了している筈だったんですが…。
少しペースを上げます。

さて、背骨ですが色々とディティールを付けていきました。
h63.jpg
h64.jpg

画像に写っている黄色いパーツは100均のABS編み棒です。
関節技隠しに付けました。
このパーツの寸法出しにエラク手間取りました。
極力小さくしたかったんですが、結局3回作り直しました。
画像と現在では黄色いパーツの厚みが違っています。
フィンは以前作った物です。
グレーの丸いパーツは前回エポパテを練った際に
余った物を2種類の大きさにしておいた物です。
透明プラパイプにはこの後腕を接続する際に威力を発揮する筈ですw。

h65.jpg
編み棒エラク短くなってるww。
先端にエポパテを盛りました。
頭部パーツ内部にメンソレータムを塗り、押し付けて型を作りました。

パイルダーオンww!!
h68.jpg
h69.jpg
h70.jpg

折角なのでMA形態にしてみます。
h71.jpg
h72.jpg
全体像が出来るとやっぱり頭部が短い気がします。
少しエポパテを盛ってから腕部の工作に入ります。
参加コンペ
近藤和久&小林誠MS限定コンペ【コンコバコン】 近藤和久&小林誠MS限定コンペ【コンコバコン2】 kyu5bunner4[1]
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

ピカギリ

Author:ピカギリ
模型製作記(たまに脱線)

来訪者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード