リガード製作記 vol.2

さて、前回悩んでいた股関節ですが、シンプルにしました。
r7.jpg
結局ノズルのある側に間接技を仕込みました。
上に写っているパーツは接着する予定ですが、塗装後でも良いかと。
太腿上はPC接続、下はキットのパーツを使いました。
その下のパーツは中に間接技を仕込み、脛と合体します。

そうそう、足首ですがキットだと一体なので、切り離して別パーツにしました。
爪先はPC接続、足首本体は間接技です。

まだ完成していないのにコチラ。
r8.jpg
フェイスライン(?)を修正しました。
頬骨もガシガシ削りました。
ついでに鼻面も気持ち長くしました。

背面
r9.jpg
ハッチを大型化し、全体が埋まるようにキットの穴を広げました。

r10.jpg
頭部主砲ですが、基部の丸い部分を切り取り、砲本体後部で切断後、逆向きにして接着しました。
砲のディティールはいまいちだったので全て削りました。
後程入れたいと思います。

こんなペースで間に合うんだろうか…。
スポンサーサイト

ずをコン公開!!

先日マウスが壊れ、ブログ更新する気持ちが折れてしまいましたw。

が、とうとうずをコンが公開されました!
皆さん投票お願い致します。

さてリガードですが余り進んでいません。
今、悩んでいるのがココ。
r4.jpg
これ太腿の付根なんですが、この可動は…。
横から見るとこうなります。
r5.jpg
あんまりな構造ですw。
取り敢えず薄く感じたので、プラ板を噛ませました。
r6.jpg
ヘンテコ可動軸はオミットしようと思います。

リガード製作記 vol.1

コメントの中でアゾルバの製作を期待されている声もチラホラ見かけましたが、
締切との兼ね合いがあるので、今回はリガードを製作しますw。

早速仮組み♪
r3.jpg
噂に違わぬ良いプロポーションじゃないでしょうか?
これは部分改修だけで済みそうです♪

このキットで一番気になるのが胴体側部のバーニアの形状です。
箱絵でも設定画でもノズルは○です。
キットは何故か□ですw。

という訳でこうします。
r001.jpg
写真では見辛いですが、凸モールドをガイドにスジボリに変更しました。
ついでにスリットは裏からプラ板を貼りました。
後程エポパテで表から埋めます。

もう一箇所手を加えました。
コチラ。
r002.jpg
仮組みでは奇跡的に自立していますがw、顔はエポパテで重くなるので
予防策として爪先に仕込みましたw。

本来オモリはグルーガンで止めようと思っていたのですが、ダイソーから姿を消してしまいましたね。
仕方が無いので瞬着です。

この後頬骨を削ったり間接軸を入れたりしますが、どうも足より頭が先に進みます。
何時まで経っても仮組み出来なそうですw。

高機動型ザク製作記 vol.8

いや~、久し振りの更新です。
今しがた完成しました!
完成と同時に涙が!?

びっくりしました。
過去の色々な出来事が湧いて出たんでしょうね。

明日にでもかずをさんの所に写真を送りたいと思います。

さて、何時もと同じ様に完成画像はコンペ会場を見て頂くとして、
今回フィルタリングにアクリルガッシュを使ってみました。

z36.jpg
これ二色置いただけですが、既に乾いていましたw。
使い所が違うんでしょうね。
フィルタリングに関して言えば、油絵の具の方が使い易いです。
アクリルは塗料の食い付きが油絵の具よりも悪い印象でした。
決定的なのが乾燥時間の短さ!
自分には合いませんでした。

晒すのはココまでですww。

次回コンペは『アカブの肉球』の『旧コン4』です。
自分(旧コンではこのキットを!)とず~っと思っていました。

z37.jpg
この箱絵、カッチョエェ!!

イソイソと仮組み♪

z38.jpg
…キミは誰?
z39.jpg
z40.jpg
き、厳しくないですか?

保険はコチラ。
z42.jpg
祝♪再販!
コチラも箱絵カッチョエェ♪
工期は一ヶ月弱。
これはリガードですねw。
参加コンペ
近藤和久&小林誠MS限定コンペ【コンコバコン】 近藤和久&小林誠MS限定コンペ【コンコバコン2】 kyu5bunner4[1]
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

Author:ピカギリ
模型製作記(たまに脱線)

来訪者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード