ヘッヘッヘ♪

魚肉隊長がレポ上げてくれたんで大奮発!
bo1.jpg
これ、高いんですね。
おまけに札幌では現在非常に入手困難です。

これの説明書に消費電力の事が書いてあったけど、これって要約すると
『製作中はコード抜くな!』
って事ですよねw?

で、初めて使うので生贄はコイツ。
bo2.jpg
お馴染みタカラの1/35スコープドックです。
問題点の多いキットですが、一番はこれでしょう。
ターレットの切り離しはレザーソーで慎重に切りました。
bo3.jpg
ターレットのあった場所は穴が開いていたので、早速ヒートペン出動!
気持ち盛り上がるように盛っています。
一文字のスリットはプラカッターで開けたんですが、良く考えたらヒートペンで出来るじゃんw!!
bo4.jpg
色んなヤスリで荒削り。
意外と手強い。
bo5.jpg
ついでにバイザーの形状も若干変えました。
参考はやまタコ。

ついでなのでここもヒートペン出動!
bo6.jpg
軸のあった位置にランナーを溶かして埋めました。
軸パーツを直接溶かしても良いかも♪
bo7.jpg
うーん、やっぱり削るの手強い。

自分の使ってみての感想は
(盛るのは楽しい♪削るの辛い)
ですね。
パテ盛るより圧倒的に速いですが、削る時間を考えるとトントンかな?

今回はラウンドムーバー付きのタコですが、テーマは3つ。
『ヒートペンで遊ぼうw』
『バズーカの両手持ち』
『筆塗りを楽しもう』
です。
真ん中が辛いですね。
あ、構えるとは書いていませんよw。
あくまで両手持ちですw。



スポンサーサイト

オージェ製作記 完

何だかバタバタと完成してしまいましたw。
早速画像をご覧下さい。

c2.jpg
c3.jpg
c7.jpg
c10.jpg
c5.jpg

まぁ、頑張りましたよ。
ビームサーベルの刃はダンバインの羽のランナーの削り出しです。
クリヤー塗装後にコンパウンドで磨きましたが、塗膜の荒れは如何ともし難いですね。
でもレプラカーンよりは塗装が良くなっているので、
意外に満足しています。

次回作は一寸迷っています。
候補は3つなんですが、一つに絞りきれません。
ゆっくり考えます。

オージェ製作記 24

凄まじいモデラーさんとリンクさせて頂きました。

『何時寝ているんだ?』
とか
『クローンが2,3人居る。』
と噂されているかずをさんのブログ

『30代出戻りガンプラモデラー』です。

現在コンペを沢山控えているにも関わらず、敢えて趣味のガンダム7号機を
作る凄さww、自分には真似出来ません。
かずをさん、今後とも宜しくお願い致します。

さて、オージェですが現在こんな感じです。

mn1.jpg

mn2.jpg

この2枚の写真から何か気付きませんか?
(バインダーのダクトは最後に付けます。
 表面処理甘いとか、はみ出し多いとかは指摘要りません、凹みますのでww。)


正解は膝裏のチューブです。
すっかり忘れていましたw。
でもパーツ失くさなかったのは偉いぞ、自分。

mn3.jpg

このパーツのチューブ部分を布メッシュパイプにしてとパーツケースを探したら、変にテカッたパイプしかない…。

買いに行ってきます。

オージェ製作記 23

日本代表負けちゃいましたね、残念。
でも戦前はフルボッコ食らうと思っていたので、
善戦していただけに尚更悔しいです。
まぁ点入れなきゃ勝てませんけどね。

さて、昨日の夜から苦手なクリヤーカラーの吹き付け開始しました。

k1.jpg
最初にエッジ部分と奥まった部分に薄くカラーをのせました。
極細で吹きました。
この段階でしつこく吹くと汚くなりそうなので、一旦乾燥させます。

ある程度乾燥させてから第二段階の吹き付けです。

k2.jpg
今度はハンドピースのノズルを外して広く吹きます。
全体に軽く色がのるように薄く吹きました。

k3.jpg
三回目の塗装です。
ここでは塗料の希釈を若干濃くします。
このまま乾燥させます。

k4.jpg
乾燥後にチェックしたところ、若干薄い部分があったので四回目の吹き付けです。
流石にこれ以上吹き重ねると色味が大きく変わるので、
このまま乾燥させたら艶アリでコートします。

オージェ製作記 22

皆さんお待ちかねwの金の塗装ですが、
まずこうなりました。

m1.jpg

もうお分かりですね。
キャンディーカラーリベンジです。

金で塗装すると完成後にクリヤーを吹いた際、色味が変化しそうだったので
この方法を取ります。

銀が乾いたらクリヤーを吹く前にスミ入れします。

m2.jpg

この後、クリヤーカラーを吹く前に艶アリのスプレーでコートします。

既にスプレーは吹いたんですが、今日は雨。
クリヤーカラーを吹けないのは残念ですが、
久々の雨で埃も収まりました。

週末までプ出来ないので悪しからず。

オージェ製作記 21

何だか毎日暑くて火傷状態のピカですw。
そりゃこの炎天下に畑に居ればねぇ…

梅雨どころか、雨にも無縁な今の札幌は
ガンガン塗装が出来る(筈)!

v.jpg

金以外のパーツの塗装に入っています。
本来なら金の部分をマスキングして他の色を吹くんでしょうが、
暑いとそんな気になれません。
(って寒くても同じ事を言っていますがw)

この後、塗った部分をマスキングします。

そうそう、腹カバー(?)結局作り直しましたw。

オージェ製作記 20

最近更新が滞っているピカです。
昔は毎日更新しようとしていたのに、最近では週一を死守していますw。
締切が無いとダラダラしてしまいますね。

さて、今回は全工程中一番嫌いな作業をこなしました。

z01 (3)
そう、サフ吹きです。
サフを吹き終わったキットは綺麗ですが、吹くのは嫌いです。
臭い!

まぁ吹かないと修正箇所が分かり辛いので、結局は吹くんですけどねw。

現在こんな状態です。

z03.jpg
z04.jpg

ラウンドバインダーのダクトと腹のカバーは後から付けます。
(腹のカバーが行方不明なのは内緒w)

参加コンペ
近藤和久&小林誠MS限定コンペ【コンコバコン】 近藤和久&小林誠MS限定コンペ【コンコバコン2】 kyu5bunner4[1]
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

ピカギリ

Author:ピカギリ
模型製作記(たまに脱線)

来訪者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード