マジで~!?

昨日の肩に艶消しを吹いて乾燥後にフィルタリング。

001 (8)
ボディーと全然違う色を置いていますが、下地との色の兼ね合いなのでどう説明したら良いか。
基本的にフィルタリングの際は同系色は乗せません。
足りない色味を淡く足す感じです。

が、拭き取りすぎたのでw、墨入れしました。

002 (4)

予定では緑と青を足したものが淵に残って墨入れの代わりになる筈だったんですがw。

実は今日が締切だという事をすっかり忘れていまして、また強引に完成させてしまいましたw。
このタボカスの完成写真は明日以降にこちらに載ると思います。
素晴らしい作品が揃っています。
ボトムズ好きなら覗いてみて下さいw。
スポンサーサイト

あ゛~!!

昨日(これで完成で良いかな?)と思い、撮影していました。
大きさ比較用の写真を撮りました。
001 (7)
けど何か色味が足りない…
あっ!右肩の色!!

誰からも突っ込まれなかったのが奇跡ですなw。
冗談抜きにすっかり忘れていました。

慌てて塗装。

003 (4)

AGネクストだとショルダーアーマーが簡単に外せます。
こんな時には強い味方ですww。

因みに赤はグラデを若干入れました。
ミサイルと良い対比になると思います。

レッドショルダーのみ墨入れ、汚しのやり直しです。

昨日は…

茶でウォッシングをする予定だったんですが…

落ちてしまいましたw。

今日帰宅後に茶を入れたんですが、ウォッシングというよりは
書き込んだって感じです。
一応ペトロールで拭いたんですが、写真で見るとまだ拭き残しがありますね。
003 (3)
004 (3)

正直黒っぽい墨入れは、拭いても変化がありません。
茶の部分は若干垂れた感じや滲みを残したいですが、難しいですね。
次の色を重ねたいので艶消しスプレーを吹きたいんですが、拭き取りを決めないと先に進めません。

のんびりと…

進めます♪
今日は予定通り黒系の墨入れです。
固まったエナメル塗料を溶かすのに
(ペトロールを使おう!)と思い
塗料皿に垂らしてみました。
一分待って変化無しw。
仕方がないので別な塗料皿にペトロールは移しました。
何と無色透明のまま!
後で拭き取りに使います。

昨日残し気味にしていた油絵の具の拭き取りも兼ねて、
墨入れ完了後にペトロールで拭き取りました。

001 (6)
大分トーンが落ち着きましたね♪
既に30本位綿棒使っていますが、まだ拭き取りが甘いですね。
肉眼で見ると製作者フィルターがかかって良く見えませんがw。

この後茶系でウォッシングです。

あれ?

今日は出勤だったので、出かける前に艶消しスプレーを吹きました。
帰宅後、早速油絵の具を爪楊枝で置いていきました。

001 (2)
一寸絵の具多すぎでしょうww。
今回は黄色っぽく振っているので、余り拭き取らない方向で。
(黄色は隠ぺい力が弱い為。)

003 (2)
多少黄色い絵の具が残っていますが、全体はこんな感じで進めます。
(ウォッシングで色味は変化すると思いますがw)

P.S.AB祭、投票やコメントを頂いた方々、この場を借りて感謝致します。

何だか…

足踏みしています。
もっと手際良く基本塗装が終わる筈だったんですが、
加工が終わっていないパーツがあったり、紛失したパーツがあったり…

先程何とか基本塗装を終えました。

003.jpg
004 (2)

フラッシュで白っぽくなっています。
実際にはもう少し暗い仕上がりです。
後程 艶消しスプレーを吹きます。

明日は墨入れとフィルタリングです。

忘れていました。

塗装中に何気なくキャタピラを見ていて疑問が湧きました。
(この小さな穴、何だっけ?)
思い出しました。
この穴全部にピン(プラパーツ)を接着しないと!

002 (3)
同系色なので見辛いとは思いますが、キャタピラの両脇の止め具の真ん中に全てピンを差しました。

流石にこれだけで更新は気が引けるのでw、一応本体も吹きました。

004.jpg

この後で軽くグラデをかけて再びマスキングです。

さて、キャタピラ何色にしようかな♪

ようやく…

写真のサイズ変更が分かりました♪
今まで無意味に大きな画像ですいません。

下地塗りも終わったので、薄いグリーンから吹いて行きます。
001 (3)

これ一応グラデを薄くかけているんですが、フラッシュで艶アリみたいに見えます。
サイズ変更と技術は別物ですw。

薄いグリーンははみ出しても気にしません。
この後マスキングです。
レプラに比べたらあっという間に終わります。

何だか進みます♪

リンクに『鋼鉄の木偶』を追加させて頂きました。
言わずと知れた濱さんのブログです。
あの強烈なジオやゲーマルグ、今回のビランビー等、見所満載です。
濱さん、これからも宜しくお願いします。

さて、ターボカスタムですが、今回はサフを吹かずに仕上げます。
下地に缶スプレーでレッドブラウンを吹きました。
o.jpg
ABS100%なので、本来ならサフを吹くべきなんですが、
自分のコンプレッサーはプチコンなので、サフを吹くのは流石に厳しいです。
缶サフだと細かいモールドが潰れるので、サフレスにしました。
この後、各色を重ねていきますが、極力明るく塗って行きたいです。
ウォッシングとフィルタリングを楽しみたいのでw。

こんな工作・・・

25年振りじゃないでしょうかw。
アラフォー世代の方は懐かしく思うかもしれません。

さてAGシリーズ全般に言えますが、握り拳格好悪くないですか?
フォアアーム握る際に平手っていうのもイマイチで…

異能生存体ねこさんがオーデルでやっていた工作を真似てみようと思いました。

oiut.jpg

ピンボケですいません。
第一関節から縦にノコを入れました。
指が左右に分かれるので、どちらかをカットしていきます。
で、それぞれの指はポリキャップのランナーで作る予定だったんですが…

太い!

自分ランナー類は捨ててしまうので、こういう場合困ります。

そこで最初の方法を使う事にしたのです。
(回りくどい説明だな。)

oyrew.jpg

指は全て切り取り、0.5ミリの真鍮線を刺していきます。
この上に0.5ミリの穴を開けた1.5ミリのプラ棒を通していきます。

poyu.jpg

ピース!

書くとあっという間ですが、地味に時間が掛かります。
ねこさんの方法がトルクもあって自由に動くと思いますが、
自分にはヘビー級のAT以外では作れません。
あと自分の方法だと指を曲げるのを考えると0.3ミリの方が良いかもしれません。
(ただ折れますよww)

再始動!

お祭り お祭り 楽しいな♪

まぁ素晴らしい作品の数々。
投票しまくりですw。

さて、本当はクリヤーのコツを忘れない内に
仕上げたいブツがあるんですが、かれこれ2年近く
放置しているのでw、時間が掛かる事 間違い無し。

なので先にターボカスタムを仕上げたいと思います。

005.jpg
左が旧AG、右がNEXTです。
もう全然別物のコクピットです。
折角なので塗ってみようと思います。

001.jpg

ベースにタイヤブラックを吹いて良く分からんグレーでドライブラシをしました。
一寸雑ですが、ウォッシングで多少マシになると思います。

002.jpg
ハッチの裏も同じ塗装です。

気が向けば細かい塗り分けもするかもしれませんが、基本はグレー一辺倒です。
ハッチ開けないしww。

お待たせしました!!

皆様、ご心配をお掛け致しました。
何とか復活しました。
で、製作写真なんですが全く撮っていません。
本当に一杯一杯でした。
いきなりで恐縮なんですが、完成です。

009.jpg
013.jpg
014.jpg
017.jpg

写真がでかすぎて粗が目立ちます。
今回どうしてもクリヤーで仕上げてみたかったんです。
色々勉強させてもらいました。
エングレーヴィングも初体験でしたが、楽しかったです。
今度はもっと繊細な仕上げにしたいです。
後は目玉ですね。
最終的に人工キャッツアイを使いました。
こんなの一個10円もしないんですが、イメージ通りの色がピアスしかなく、
泣く泣く高値で買いました。
でもドールアイよりも気に入っています。

久々にワクワク感を味わいました。
今度こそABは暫くお休みです。
ありがとうございました。
参加コンペ
近藤和久&小林誠MS限定コンペ【コンコバコン】 近藤和久&小林誠MS限定コンペ【コンコバコン2】 kyu5bunner4[1]
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

ピカギリ

Author:ピカギリ
模型製作記(たまに脱線)

来訪者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード