更新するほどの内容ではないですが・・・

以前geekさんに
『変な生物飼いだしたかと思った。』
と言われたパーツですが、整形してこんなんなりました。
ポットが左右逆なのはご愛嬌♪

098 087
左右で2個で良いのに4個位作りました。
ウインカー(?)の下のグレーのプラ板を整形するのにピンセットで挟んで作業していたんですが、まぁ飛ぶわ飛ぶわww。
そんな訳で多目の製作となりました。
元のパーツの写真を何処かに載せましたが、かなりマシになったと思います。
スポンサーサイト

貼る為に掘る

098 093
踵のパーツ、結局裏打ちだけしてサイズは変更しませんでした。
写真でグレーに見える部分に3ミリの穴を軽く掘り、-モールド貼りました。

また向こう脛にストッパーみたいなディティールを追加したんですが、手持ちに2ミリ幅のプラ板が無かったので、1ミリ角棒を張り合わせて2ミリにし、合わせ目を消して貼りました。

ただまだ厚いようです。
もう少し薄くします。

彫って貼る

098 092
何とも中途半端なスジ彫りですが、パッケージに準じて一部パテ埋めし彫り直しました。
この部分キットのままだとかなり大きいです。

本題は下の出っ張りにある穴です。
左右に2個ずつ後ろに1個、両手合わせて10個の-モールドですw。
3ミリ径があっという間に無くなります。

古より伝わる技ww

h.jpg
毎度のピンボケ写真ですいません。
以前透明プラ板を貼るか、もう1つの方法を使うかと書いた気がしますが
透明プラ板は断念しました。
もう1つの方法は昔から軍艦の窓や旅客機の窓で使われている木工ボンドです。
ボンドと水を5:5で割って白くなる位たっぷり塗ります。
で30分位放置するとこうなります。
コクピット作ろうかとも思ったんですが、中の壁を暗くしたせいか全く見えないので止めましたw。
マスキング出来ないのでココだけ先に塗ってしまいましたが、きっと我慢出来ずに塗っちゃうんだろうなぁ。
んで窓に穴を開けてしまう予感プンプンww。

一寸だけスジ彫り♪

スジ彫りはついでって感じですが、褌0.5ミリで彫りました。
-モールド貼り忘れそうなので、必要な場所には貼っていく事にしました。
098 084
下穴が深すぎたので深めの-モールドを埋めましたが、何か違う気がします。
スジ彫りは余り入れない方向で進めたいと思います(挫折ではないです。念のためw)。

昨日の続き

098.jpg
マイナスモールドが見えますか?
昨日の工作はこの状態にする為の布石です。
(ってそんな大袈裟な物ではありませんがw)

この部分奥まっているのでヤスリ掛けが大変で、プラ板を切ってジャストサイズにし、モールド用の穴を開けて接着してしまいました。
ついでに脹脛の出っ張りのラインも修正しました。

因みにこのマイナスモールド、ブキヤのⅡなんですが、どの模型店にいっても無いんです。
今の所1セットしか発掘出来ていません。
果たして足りるでしょうか?

今日はこれ

098 069
また写真が見辛くてスイマセン。
脹脛の凹み部分なんですが、幅増しした分、ここは幅を減らさなければなりません。
内側にプラ板を貼り付けて外側に瞬着大盛りで削っています。
センター部分にもマイナスモールド入りのプラ板貼らないと・・・

あ゛~指がべた付く!

098 070
超見辛い画像ですいません!
昨日書いていたウィンカーみたいなパーツをランナーにエポパテを絡めて原型を作りました。
が、まだ相当大きいですね。
透明パーツを削り込まないと新造する意味がありません。
右がキットパーツを削った物。
イメージはこのサイズです。

当然エポパテが余ったのでwミサイルポッドの盛りが足りない箇所とココに盛りました。

098 069
足の甲の部分です。
ここ、かなりの期間放置していました。
夏はエポキシ触りたくないです。

踵には切り落としたパーツの代わりにウェーヴの角バーニアを貼りました。
本当はその下に角棒を貼るんですが、今は決断出来ません。

久し振りの更新です。

いや~全国5人位の読者の方々w、お待たせ致しました。
1週間ぶりの更新です。
サボっていた訳ではないんですが、大した進展もないので放置プレーでした。

『1週間経ったんだから、さぞかし進んだ事だろう。』
と思った貴方、

甘いですw。
そう一筋縄で行く代物ではありません。

と前置きはこの位にして写真を載せます。

098 068
ミサイル発射口上のウインカーみたいなパーツ、
キットは妙に大きくて気になったので切り取りました。

この後 左のパーツも切り取ったんですが行方不明・・・
小型化した右のパーツを複製するか、透明プラ棒から新造するか迷っています。

続いてこちら

098 070
スペースシャトルの外壁のイメージで5ミリのプラ板の細切れを貼りました。
一寸雑かもしれませんが、試したい事があるのでこのまま行きます。

あ、そうそうスジ彫りもやりましたがパテ盛り不足の為、絵的に整ったらUPしますw。

一週間で僅かこれだけの進展です。
道民は30度を超えると酷暑ですww。
その代わり寒さには強いんだぞ~ww。

ここは一気に・・・

098 070
モチベーションを高める為に仮組してみました。
地味~に各部をいじっています。
が、一箇所ずつ写真を撮っても代わり映えしないので全体像で載せました。

こうして見てみると一応方向性は合っているみたいです。
また微妙なプロポーションも(可愛いかも)と思えるようになりましたw。

098 071
バックショットだと足首変な角度で接地していますね。
踵のパーツも小さく感じます。
でもキットのディティール オッと驚くようなモールドがチラホラあるので、出来るだけ活かそうと思っています。

もっと簡単だと思ったんですが・・・

098 069
非常にヤスリ掛けし難いです。
中に1ミリ角棒を入れたのが意味をなしてないですw。
予定では上下の縁は角棒の縁を活かす筈だったんですが、何処行ったんでしょ?
やっぱり2ミリがジャストでしたね。
まぁ済んだ事は仕方が無いので先に進みます。
上下の縁の内側、もっと薄くしないと厳しいかな?
その前に縁の整形かな?
いずれにしても先は長いです。

やっぱり我慢出来ません!

098 100
ミサイルポッドの外側にあるダクトなんですが、キットは異常に大きいです。
ここはもっと小さい方がらしいのでw、大嫌いなエポキシを練りました。
取り敢えずダクトの外側を埋めて小型化します。
(後で彫らないと駄目ですがw)

んで当然パテが余ったのでwここにも貼り付けました。
098 095
昨日貼った1ミリ角棒を覆うように盛り付けたら丁度使い切りましたw。
きっちり使い切ると気持ち良いですが、練る気持ち悪さで相殺ですw。

今日は作業出来ませんので続きは明日。

そろそろ・・・

全体のプロポーションを決めたいんですが、1つの作業に異常に時間がかかっています。
今日は向こう脛を削っていましたが想像以上に時間がかかりました。
098 093
一応サフを塗って凹み具合を埋めながら削りました。

大体均した後で上下の縁に1ミリ角棒を貼りました。
本当は2ミリが良いんですが手元に無く、外出する気力もなかったのでこのまま行ってみます。

何だか各パーツをグルグルいじっていますが、本当に進んでいるんでしょうか?
でもこのパーツと腰パーツをやっつければ下半身は出来たも同然。
腕のミサイルポッドをやっつければ出来たも同然、と自分を騙し騙し進めます。
(実際はそんなに単純じゃないですw。)
参加コンペ
近藤和久&小林誠MS限定コンペ【コンコバコン】 近藤和久&小林誠MS限定コンペ【コンコバコン2】 kyu5bunner4[1]
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

ピカギリ

Author:ピカギリ
模型製作記(たまに脱線)

来訪者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード