今回で・・・

一旦UPを止めます。
実際には後はフィルタリングを残すのみです。
明日には写真を懐コン番外編に送りたいです。

ビランビーの強烈な差し色、オレンジを塗装します。

d 004
下地に白を塗って乾燥後、ヒレの部分をエアーで、目とコードは筆で塗りました。
筆塗りの際、下地が溶けるかと思いましたが、大丈夫でした。
アクリルは筆塗りでも問題無さそうですね。
スポンサーサイト

ついてない・・・

昨日足首の靭帯切っちゃいました。
で、歩けないので今日はお休み♪
塗装に入りました。

まず全体をアクリルのシーブルーでエアブラシ。
y 003

初めてまともに使いましたけど、見事に艶消しですね。
ただ塗料の食い付き悪いですね。
マスキングテープはがすのドキドキですw。

乾いた後フラットブルーを吹きます。
y 007

で、最後にハイライトを軽く吹きます。

y 004

取り敢えず本体の塗装は終わりました。
(青だけですしね。)
後はコクピットとオレンジを仕上げれば8割出来るかな?

真冬日、それは・・・

北海道の人間には日常w。
昼12時に0℃超えないんですよ!
で、そんな中サフを吹く自分w。
l 009
もうね、寒いなんてもんじゃないですよ。

今回は訳あって缶サフを吹いています。
室内では流石に厳しいでしょ。
一寸サフ溜りが出来ているようなので、ある程度乾いてから均します。

もう完成写真を送っている方がいますねぇ。
でもこればっかりは焦っても・・・
ねぇ?

すっかり忘れていました。

懐コン番外編、締切明日じゃん!
無理・・・
という訳で27(日)完成を目指します。
ばっちさん、すいません。

さて、細々とした作業も一段落、
サフ前のチェックを始めた訳ですが、
コンバーターのフィン作り忘れていました。

l 005
適当な紙を当てて型を作ります。
爪楊枝で上から押し付けていきます。

l 006
出来た型を0.3ミリプラ板に当てて切り出します。

この工程×6回
l 007

本来ここは後ハメの方が綺麗に仕上がりますが、
修正も考えると先にやっておいた方が良いかと。

最後の手段

コメントの中で述べていたんですが、意外に足踏みしているのがコクピットカバー。
これ既に二回失敗しました。
で、タイトル通り最後の手段を使いました。

l 006
中にキャストの塊を入れたエポパテブロックです。
コイツをやすり掛けします。
勘の良い人はこの画像だけで分かるんでしょうねw。

l 007
これを原型とします。

l 008
1ミリプラ板を暖めて・・・

l 010
ヒートプレス!

l 012
まだ削り切っていませんが、こんな感じで仕上げます。

えっ、随分スムーズですって?

l 011

しっかり失敗していますよww。

冗談抜きにヒートプレスやろうと思っている人に忠告。
平面構成の場合は絶対に加熱し過ぎないように!
曲げが足りない物は何とかなりますが、平面が歪んだら厳しいです。
参加コンペ
近藤和久&小林誠MS限定コンペ【コンコバコン】 近藤和久&小林誠MS限定コンペ【コンコバコン2】 kyu5bunner4[1]
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

Author:ピカギリ
模型製作記(たまに脱線)

来訪者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード