オーガス製作記vol.4

お久し振りの更新です。

あれだけノリノリで作業していたんですが、組み上げの際に下腕破損しまして
テンションダダ下がりです(泣)。

工作も程ほどに塗装に入りました。
au12.jpg
この白、SR3用に調色したグリーンがかった色なんですが
見事にサフの影響を受けて青みがかってしまいましたw。

あ、見辛いかもしれませんが、胸部装甲の筋彫り部、
超細かいツイメリット調に仕上げました。

au13.jpg
心持ち明るくなりましたw。
ウォームホワイトを吹くことで青+黄=緑を狙いました。
(まぁフィルターかけるからどうでも良いんですけどねw。)

au14.jpg
塗装してから気が付きましたw。
ここバーニアじゃないかって。

んで…
au18.jpg
穴開けて筆塗り。
塗装修正後にメタルパーツ埋めます。

au15.jpg
こうなる事は想定済み。
マスキング大会です。

本体の黒い部分、完全な黒は絶対浮くと思い
ファントムグレーを吹きました。

が、随分希釈が薄い状態で残り少なく超ピンチ!

ブラックグレーやミッドナイトブルーって
比較すると明るい色なんですね。

au17.jpg
だぁ~、ピンボケ。
また蛇足の工作w。
リフレクターみたいな物?

設定にはありませんが、高荷さんが描いていたので(汗)。

au16.jpg
茶は結構グラデーションかけたんですが、
筆目が残っていてイマイチですね。

もう少し修正します。
スポンサーサイト

オーガス製作記vol.3

サラッと作るつもりだったのに気が付けば重箱の隅を突く工作…

もう性(サガ)ですよ、コレw。

イマイのキットってパーツが柔らかいイメージあります。
工作し易くて好きです♪

今回の工作はココ。
au9.jpg
右がキットですが、この手の凸ディティールが唐突に出てきます。
筋彫りしようか迷ったんですが、短冊を貼りました。

どうせならもっと細いのを沢山貼れば良かったかも…。

au10.jpg
このフィンの薄さに感動!
自分で組んでもこんなにシャープになるかな?

ただフィンの隙間の段差、もっと深くしたかったので
ポリパテで裏打ちしてひたすら彫りました。

まぁ自己満ですw。

au11.jpg
パーツの処理状況を見るためメカサフ(ヘヴィ)を吹きました。
思ったより色、薄いですね。
このサフの溶剤の臭い、結構キツイです。

お陰で食い付きが良い気がします。
(まぁ今後の工程で判断しますw。)

P.S.黄色いのはテロルのパーツ、
    ここ塗らないと先に進めませんw。

オーガス製作記vol.2

最近PC調子悪いです。

更新したい時に出来ないってイライラしますねw。

チマチマ作業に突入です。
au7.jpg
腰のエアインテークです。
中央の大きなフィンは幅が足りないと思い中央でカット!
ついでに高荷さんの箱絵に倣い、フィンを一枚づつ埋めていきました。

au8.jpg
凄く見辛い画像でスイマセン!

前回埋めたラインをアレンジして彫り直しました。
肝は太いラインを斜めに彫った事。

いかり肩対策ですが、どうなるものやら…。

そんなマッタリ進行の中、強烈な誘惑!
tr1.jpg
テロルミラージュ!
これレッドミラージュよりもやる気マンマンですw。
ただ…
tr2.jpg
ぶ、分厚いww。
このシリーズ二箱分は余裕でありますね。

こりゃ1/24タコは無理かな…。

オーガス製作記vol.1

何だか高荷さんの箱絵を観ているだけで
やる気が漲るオーガスです。
au001.jpg

基本固定にしようと思っているので
腕の挟み込みはそのまま組みました。

が、どうにもダルイモールドは埋めました。
後程彫り直す予定。

au004.jpg
向かって右、3ミリほど幅詰めしています。

au002.jpg
何故か脚は後ハメ加工w。
一寸強度が不安だったので。

au003.jpg
腿もモールド埋め。
膝関節部分、ガッツリ削りました!
何せ3ミリ弱詰めないと嵌りませんからねw。

全身に凸モールドがあるのですが
全て凹モールドに彫り直します。

いや、何だか楽しいッス♪
参加コンペ
近藤和久&小林誠MS限定コンペ【コンコバコン】 近藤和久&小林誠MS限定コンペ【コンコバコン2】 kyu5bunner4[1]
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

ピカギリ

Author:ピカギリ
模型製作記(たまに脱線)

来訪者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード