ハンブラビ製作記 vol.13

HME熱も冷めぬままチマチマと工作しておりました。

あ、エクセルホビーさんに拙作SR-3を展示しております。
宜しければご覧下さいませ♪

さて前回細かった上腕に編み棒6ミリを被せました。
h78.jpg
やっぱりこれ位太い方がしっくりきますね。
ただ6ミリ編み棒の内径は5ミリもないので
ドリルでチマチマ拡張しました。

腕輪の穴にボルトを入れました。
キットはただ穴が開いているだけです。
この作業、地味に手こずります。
ボルトがピンセットから飛ぶx2w。

h82.jpg
膝関節なんですが、変形時にPC丸出しになってしまいます。
格好悪いのでプラサポでカバーを作りました。
h83.jpg

お次は見て見ぬ振りをしていたココ。
h80.jpg
脛のパーツです。
ノズルをポン付けした様に見えますが、かなり削り込みました。

受けは至ってシンプル。
h81.jpg
真鍮線をアルテコで固定しただけですw。
位置決めだけは慎重に。

h84.jpg
こんな感じになります。

PC隠しついでにコチラも。
h79.jpg
手首の軸受けが関節技むき出しだったので、プラサポでカバー。
これ、手首パーツの軸が短いのでプラサポ本体を相当削りました。

お次は羽根とランドセルです。
h86.jpg
表面処理の際に邪魔なので、中央のモールドは削りました。
羽根部分を後ハメ出来る様に削り込みました。

h85.jpg
現在こんな状態です。
尾の部分、接続を間違えて畳めなくなっていました。
慌ててバラして再接着&ヤスリ大会w。
ビーム砲に真鍮パーツを奢ってしまいました。
店の人に
『2つで良いんですね?』
と念押しされましたw。
スポンサーサイト

ハンブラビ製作記vol.12

最近大スランプのピカです。
何だか手が動かない…。

(これではイカン!)と心機一転、
積みを整理しましたw。
(って工作しなさいよw。)
直積みして箱が潰れるの嫌なんですよね~。

h77.jpg
幅120センチ、高さ150センチのスチールラックを購入。
通常なら徒歩で10分位の距離ですが、1時間弱掛かりましたww。
重過ぎ。

で、ラックを組んで山積みのプをどけてスペース確保です。
下側に大きなプ、上に小さな物を積みます。
まぁ出るわ出るわw。
既に満杯w。

さて、ハンブラビですが、こんな物をこさえました。
h73.jpg
プラサポとPC,プラパイプの集合体です。
下側は小さなプラサポにプラパイプを被せる方法を使いました。
可動域の溝にはコマ切れのプラ板を貼ってから
シアノンを盛って削りました。
h74.jpg
穴の部分は面取りビットで削ってあります。
完成したら大した事はないんですが、
この構造を考えるのにやたら時間が掛かりました。

h75.jpg
こちらは至ってシンプルにPCを組み込んだだけです。

合体!
h76.jpg
そうそう、頭部とモノアイ部分にエポパテ盛って整形しました。

やっぱり腕のパイプ部分が細いですね。
100均行ってきま~す。

ハンブラビ製作記vol.11

気が付くと8月になってしまいました。
当初の予定では、7月中に工作が終了している筈だったんですが…。
少しペースを上げます。

さて、背骨ですが色々とディティールを付けていきました。
h63.jpg
h64.jpg

画像に写っている黄色いパーツは100均のABS編み棒です。
関節技隠しに付けました。
このパーツの寸法出しにエラク手間取りました。
極力小さくしたかったんですが、結局3回作り直しました。
画像と現在では黄色いパーツの厚みが違っています。
フィンは以前作った物です。
グレーの丸いパーツは前回エポパテを練った際に
余った物を2種類の大きさにしておいた物です。
透明プラパイプにはこの後腕を接続する際に威力を発揮する筈ですw。

h65.jpg
編み棒エラク短くなってるww。
先端にエポパテを盛りました。
頭部パーツ内部にメンソレータムを塗り、押し付けて型を作りました。

パイルダーオンww!!
h68.jpg
h69.jpg
h70.jpg

折角なのでMA形態にしてみます。
h71.jpg
h72.jpg
全体像が出来るとやっぱり頭部が短い気がします。
少しエポパテを盛ってから腕部の工作に入ります。

ハンブラビ製作記vol.10

新しい職場に移り、特に緊張も無くw勤務しておりますが、
休みが不定期になりました(泣)。
おまけに通し勤務があります。
今日は通し明けだったので出かけましたが収穫ゼロw。
こんな日もあります。

さて、ハンブラビですが、胴体でどうしてもやりたかった工作に着手しました。

h57.jpg
5ミリ角棒に穴を開け、関節技を固定しました。
角棒の角をライターで炙り、曲げました。

h58.jpg
一枚目の写真右側の部分に例のプラ板の細切りを両面に貼りました。
このプラ板は厚みがあるので、接着前に裏をヤスリ掛けしたんですが
それでも中央に段差が出来ます。
それを逆手に取りました。
この合わせ目を0.3ミリのラインゼルで深く掘ります。

h59.jpg
0.3ミリのプラ板にパターンを鉛筆で書き込み、カッターで切り出します。

h60.jpg
切り出した0.3ミリプラ板を掘った溝に埋めました。

h62.jpg
更に別パターンのプラ板の細切りを最初に貼ったプラ板の横に貼りました。
これは背骨代わりです。
ただ他のパーツとの兼ね合いもあるので、最悪の場合ボツになります。
まぁボツは無いでしょうが、長さは相当余りそうですw。

ハンブラビ製作記vol.9

こんな時期に転勤でドタバタしていました。
(といっても市内ですがw。)
ハンブラビかなり苦戦しています(汗)。
が、何故かコンペにエントリーしていたりしますw。
(現実逃避?)

tamago.jpg
hikogunさんのブログで紹介されていて、駄目元でエントリーを
お願いしたらOKされました♪
実はタマゴ飛行機シリーズって今迄一度も作った事がありませんw。
これはサラッと積みを減らす方向で作りたいです。

続いてコチラ。
banner_1.jpg
レギュレーションに惹かれました。
所謂旧コンっぽいキット選択なんですが、
オッサン限定、飲酒奨励という緩~いスタンスが好きですw。
へなさんのブログで紹介されていたコンペです。
こちらはベルゼルガでいこうと思っています。

さて、ハンブラビですが兎に角脚部です。
まずPCの受けを上下に固定しました。
h53.jpg

続いて膝パーツです。
ヘイルズのパーツをエポパテで膨らまします。
h54.jpg
エポパテ部分にRを付けてから例のプラ板細切りを瞬着で貼りました。
h55.jpg
このプラ板は流し込みや硬化スプレーを使うと簡単に割れます。
面倒でも瞬着でじっくり固定が良いと思います。

h56.jpg

まだ細かい部分を作っていませんが、取り敢えず腰までアウトラインが出来ました。
太腿をもっと踏ん張りたいんですが、これ以上外に開きません(泣)。
膝、少し厚いですね。
若干修正してから禁断の胴体に着手します。
参加コンペ
近藤和久&小林誠MS限定コンペ【コンコバコン】 近藤和久&小林誠MS限定コンペ【コンコバコン2】 kyu5bunner4[1]
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

Author:ピカギリ
模型製作記(たまに脱線)

来訪者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード