FC2ブログ

ロータスヨーロッパ製作記vol.4

ゲンゴロウはフラットクリヤーを吹いて一休み。
ロータスヨーロッパを進めます。

DSC_0047 (640x424)
カーキットって未だにこんな子供騙しの造形のサスペンションですよね。
せめて芯軸とコイルは別パーツにして欲しいです。
塗り難くてウンザリします。

DSC_0049 (640x430)
サスペンションを組み込みます。
エンジンが下部分しかないのであっさりと仕上がりましたw。
DSC_0048 (640x350)

問題はホイールです。
キットの物。
DSC_0047 (640x367)
悪くはないんですが、参考資料と違い過ぎて…。

DSC_0048 (640x392)
ホイールの形状だけで選びました。
DSC_0049 (640x427)
形は良いんですが、ロータスヨーロッパのタイヤは細いんです。
こんな深いホイールは余ります。
カットしてみますが駄目ならキットの物で我慢します。

DSC_0047 (640x341)
エアインテークの縁にプラ棒を接着しました。
もう少し削り込みます。
スポンサーサイト

ゲンゴロウ製作記vol.6

全体の艶消し塗装が終わりました。
DSC_0050 (640x360)

いよいよドッティングです。
正直呼び名はフィルタリングで良いんじゃないかと思いますが、
この写真を見るとドッティングなのかなぁ。
DSC_0053 (468x640)

これを全パーツに施します。
DSC_0051 (640x368)
う~ん、壮観♪

DSC_0052 (441x640)
じゃ~ん。
これが無いと話にならないペトロール。
先程のドットを筆や綿棒でゴチャゴチャに伸ばします。
DSC_0054 (640x479)
色んな色の深みが出ます。
デカールの生々しさも和らぎます。

流石にこれでは濃いのでペトロールを含ませた綿棒で薄めていきます。
各ブロック毎で作業をし、好きな色合いに寄せていきます。

DSC_0057 (458x640)
現状はこんな感じです。
早く艶消しを吹いて定着させたいんですが今日は雨…。

ゲンゴロウ製作記vol.5

新しいリンク仲間の紹介です。
『もけー生活。』
のゆずモンキーさんです。

ボンネットバスの製作記を拝見して一気にファンになりました。
今後とも宜しくお願い致しますm(_ _)m。

さてダイビングビートルですが、フィルタリング等を施す前にコレを。
DSC_0048 (386x640)
WAVEのボトムズキットが発売された際から皆が切望したデカール。
スペースの問題でしょうが、ラビドリーが2セット入っているのは阿呆っぽい。

気になるデカールの出来ですが…。
DSC_0049 (640x469)
この通り、黄色も透ける事無く貼れています。

DSC_0050 (640x420)
左浮いてる…。
白も浮いていないので良いんじゃないでしょうか。

デカールの乾燥を待ってからクリヤーで定着します。

ゲンゴロウ製作記vol.4

いよいよ明日は選挙ですね。
未だに迷っているピカです。
投票直前まで悩もうと思いますw。

さて、ゲンゴロウですが先程基本塗装が終わりました。
一寸UPが遅れるとこうなりますw。
DSC_0049 (574x640)
テロルMの為に調色してボツになったブルーです。
実物はかなり濃い色味でネービーブルーに青味を加えた感じ。

DSC_0050 (556x640)
3回のグラデーションでここまで明るくしました。

DSC_0051 (466x640)
このグリーンと銃のグリーン、若干明度が違うんですね。

DSC_0054 (640x392)
設定のグレー部分はメタリックにしました。

DSC_0052 (442x640)
DSC_0055 (640x439)
太腿のグレーとスワンピーグラックの支柱も色味が違います。
太腿や腹、腕のグレーはグラデーションではなくドッティングしようかと。

DSC_0053 (528x640)
これターレットの内側にモールドがあるのでシルバーで塗装後にブラックでスミイレ。
カメラ部分は少しでも透明度を上げる為に、HIQのクリヤードームの下部分をカットし、
現物合わせで仕上げています。
一個だけ曇りが取れませんが、もう整形が大変でギブアップ。

ロータスヨーロッパ製作記vol.3

随分間が空きましたが、新しいリンク仲間の紹介です。
☆Hogering Linebreaker☆のいぬふりゃさんです。
イラストを描いたり現在はハイペースでヨーロッパの戦闘機を製作されています。
今後とも宜しくお願い致しますm(_ _)m。

さて、いぬふりゃさんがリンクされているひで郎さんのとこで
こんな物を頂きました。
im (640x406)
プリキュア以外は見事に的中!
モノで例えると『紙風船』って…。
これ考えた人、天才です。

気を取り直して進めます。
ボディをサフチェックしてみるとやっぱり処理の甘い箇所が。
DSC_0048 (640x427)
バンパー部分はもっとエッジ立てていかないと駄目です。
変にバンパー使わずにエポパテ使えば良かったかも。

DSC_0050 (640x389)
ここでハッと気付く。
ボディ下部を前後に走るモールド、Sr.2にはありません。

DSC_0048 (640x420)
モールドを全て削り落とします。

DSC_0047 (640x418)
やっぱりイメージ変わりますね。

DSC_0049 (640x410)
リアフードとサイドのプラ板の接着部分の整形が難しい…。
リアバンパーも前同様仕上げが甘い。

でも次回はゲンゴロウww。
参加コンペ
近藤和久&小林誠MS限定コンペ【コンコバコン】 近藤和久&小林誠MS限定コンペ【コンコバコン2】 kyu5bunner4[1]
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

ピカギリ

Author:ピカギリ
模型製作記(たまに脱線)

来訪者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード